「安い」見えない裏側矯正|吉祥寺デンタルオフィス|吉祥寺駅5分。土日も診療

吉祥寺駅徒歩5分 / 土日診療
0422-27-2337

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 ユニゾ吉祥寺ビル8F

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
09:30 ~ 13:00 /
14:30 ~ 19:00 /
  • ※ 休診日:祝
  • ※ ▲土日 9:00 ~ 17:00 (昼休み無し)

キービジュアル

「目立たない矯正」の中で
特に目立たない装置、
それが「裏側矯正」です。

装置

フルリンガル:120万円
(月額10,000円~も可能)
ハーフリンガル:100万円
(月額8,300円~も可能)

担当する矯正認定医は
「裏側」からの矯正を得意としています!

  • 治療前
  • 治療後

※上記症例は裏側矯正装置を利用して
歯並びを整えた症例です。

矯正装置の中でも「特に」目立ちません!

皆さんがよくご存知の矯正治療は「歯の表側(唇側)」に矯正装置をつけるものだと思います。しかし、裏側(舌側)矯正は、その名の通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置をつけますので、他の人に気づかれることはありません。下の画像を見ていただければ一目瞭然だと思います。

イラスト

矯正装置の中には目立たない装置がいくつかありますが、この裏側矯正は特に目立ちません

裏側矯正には2つの種類があります

「裏側矯正」には2種類あります。

1つは上下の歯の裏側に装置を付ける「フルリンガル」。
もう1つは上の歯に裏側の装置/下の歯に表側の装置をつける「ハーフリンガル」です。
それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

フルリンガル ハーフリンガル
画像
特徴 上下どちらにも
歯の裏側に装置をつける。
上の歯には裏側装置、
下の歯には表側装置をつける。
費用 ハーフリンガルより高い フルリンガルより安い
目立たなさ

患者様の好みでどちらを選択するか分かれますが、費用を重視される方は「ハーフリンガル」、目立たなさを重視される方は「フルリンガル」を選択される傾向があります。
実際の模型をお見せしながらご説明しますので、まずはご相談ください。

当院が行う裏側矯正の「特徴」

当院が行う裏側矯正の特徴をご紹介します。

特徴1「痛みの軽減」「治療期間の短縮」

痛みの軽減、治療期間の短縮のカギを握っているのが、ブラケットとワイヤーと呼ばれる矯正装置間の「摩擦」の度合いです。この摩擦が小さければ、痛みの軽減、短期治療を可能にします。

装置3

従来の矯正装置は、細いワイヤーやゴムで、ブラケットとワイヤーを固定(右の画像)していました。
結さつ線をすると、どうしてもブラケットとワイヤー間で「摩擦」が生じてしまい、痛みや治療の長期間化の原因となっていました。

装置4

しかし、当院では「超弾性のL&Hワイヤー」を利用し「低摩擦」を可能にしています。
そのため、痛みの軽減治療期間の短縮が可能になっています。

治療期間に関しては、「抜歯するケース」と「非抜歯のケース」で期間は異なります。

  • 抜歯するケース:1年半~2年
  • 非抜歯ケース:1年内

抜歯すると、歯と歯の間に隙間が空きますので、その隙間を埋めるため非抜歯と比べ治療期間が長くなります。

また、表側矯正と比べ、「裏側矯正は治療期間が長くなる」という噂を聞いたことがあるかもしれません。これは誤った認識です。裏側矯正は表側矯正よりも治療が難しいため、慣れていないドクターが治療した場合は、治療期間が長くなります。しかし、裏側矯正が得意なドクターが治療すれば、治療期間に差は出ません。経験の差です。

特徴2「治療中の虫歯・歯周病を予防」します!

当院には矯正の専門家の他、一般歯科を専門とするドクターも複数在籍していますので、虫歯、歯周病、予防処置にも普通に対応しています。

ドクター集合

矯正治療中は「装置」をつけるため、磨き残しなどが生じやすく、虫歯や歯周病になってしまうリスクが通常より高まります。

せっかく歯並びがきれいになったのに、治療後は虫歯や歯周病の治療で来院するのは、残念ですよね。そうならないために、ご自宅でのケアの他、定期的な歯科医院でのケアを当院では徹底して行っています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しいただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

0422-27-2337 0422-27-2337

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 ユニゾ吉祥寺ビル8F